2016年08月15日

Dam to River 時々 温泉

写真 2016-07-30 16 37 09.jpg

写真 2016-07-30 2 37 34.jpg

「ちっさ!」


この日の僕たちは寝ずに房総のダムへと向かった。

陽が登ると身の危険を感じる暑さだ。

それまでが勝負だ。

ナイトゲーム。

普段のプラッギングとは違ったドキドキ感。

五感が研ぎ澄まされ「野生」へと覚醒する。

Fishing2016.07.30 002.jpg

この日はナイトゲームでのロングポーズの有効性を実感した。

ヤマグーは限界だった。

キャスト後、寝落ち。

放置されるプラグ。

「ゴォボォッ!」

眠るヤマグー。

プラグは放置されたまま。

「ゴォボォッッッッッッ!」

図太い音が暗闇に響く。

プラグを咥えたブラックバスが水中へと走りCHARCOAL MASTERに弧を描かせる。

「ハッ!」とするヤマグー。

釣れちゃった感120%(笑)

Fishing2016.07.30 001.jpg

ま〜、こんな時もあるさw


写真 2016-07-30 5 14 59.jpg

夜が明ける。

もう少ししたらゲームを終了にしよう。


陽もすっかり登って、エントリーポイントへと向かう僕たちは衝撃的な出来事を目の当たりにした。

遠くからでも「デカい!」と分かるブラックバスを持ち上げる人がいる。

ボートで僕たちはそこへ近づいていった。

明らかにデカい。

それは今までに見たことのないデカさだった。

その彼は計測する。

62cm

彼が写真を撮ったりしている間に、彼の仲間が50upを釣り上げた。

僕たちは度肝を抜かれた。

と同時に、このダムでのBig Bassの可能性を確信した。



最近の僕たちは、プラッギングにプラスして温泉巡りが楽しみとして追加される。

温泉、飯、昼寝を楽しむ。

写真 2016-07-30 11 42 28.jpg

写真 2016-07-30 12 01 24.jpg

疲れも取れたところで、夕まずめにゲームをするポイントへ移動だ。


写真 2016-07-30 16 36 22.jpg

写真 2016-07-30 18 29 45.jpg

「トップウォーターは5時からだよ」と則さんの受け売りを口にして反応が無ければ「トップウォーターは6時からだよ」と言ってみたりする。

それでも時間は過ぎ去る。

僕たちは「トップウォーターは7時からだよ」と口にする。

Fishing2016.07.30 004.jpg

則さん!

今の時代のトップウォーターは7時からみたいです。


大人になっても、とことん クタクタになるまで本気で遊ぼう。

むしろ、遊びだからこそ「本気」と書いて「マジ」になろう。

たまにはそんな一日があってもいいよね。

posted by DH ナベ at 23:20| Comment(4) | TrackBack(0) | fishing diary

2016年08月04日

忘れかけていたモノ

写真-2016-07-26-5-09-28.jpg

写真-2016-07-26-11-15-29-(1.jpg

写真-2016-07-26-11-16-01.jpg


彼とのPluggingは1年振りだ。

この一年、彼はPluggingに行く時間を作れないでいた。

フラストレーションが溜まり、酒を呑む日々。

会う度に愚痴や不満をこぼしていた。

今の彼には自然の中で遊ぶ事が必要だと思った。

以前のように、水面でバカ話をしておもいっきり笑おう。

写真-2016-07-26-11-32-34.jpg

水面を割って出たブラックバス。

彼は、その瞬間全てを忘れて一心不乱にアンバサダーのハンドルを巻いた。

バスの下顎をガッツリと掴み「よっしゃ〜っ!」と叫ぶ。

水中からバスを持ち上げると同時に、自然と満面の笑みが溢れ出た。

写真-2016-07-26-18-25-31.jpg

写真-2016-07-26-18-26-15.jpg

最近、一心不乱になった事はあったかい?

心の底から叫んだ事はあったかい?

そんな最高な笑顔を見せた事はあったかい?


ブラックバスとのファイトを思い出したかい?


これからも、たまには自然の中、水面の上で「忘れかけていたモノ」を思い出そうよ。。。

posted by DH ナベ at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | fishing diary