2015年10月16日

僕たちの8-Low Trip 2015 〜Episode of Yamagoo〜

写真 2015-06-25 16 46 19.jpg

先日、早めの夏休みを頂き、存分に釣りを楽しんだ。
状況は厳しかったけれど、記憶に残る魚との出会いがあったから、大満足だ。
何より、気の合う仲間と思い入れのある場所でプラッギングができた事が一番、幸せなことだ。
相棒も最高の一本と出会えたようで、自分の事の様に興奮した。
自分は、何本か釣れた中で一番嬉しかったこの一本。
最終日の夕まずめ、昔、ザウルスの則さんとこのフィールドで出会った事を思い出しながら、Keep castしたオリオリでのナイスサイズだった。
また必ず行く!! Text by Yamagoo

8-Low 2015 034.jpg

クリームパンみたいな手で握手に応じてくれた事、水面で僕たちを見かけては手を上げて応えてくれた事、水路でオカッパリをしている時に車で通りがかった則さんが車を止めて話しかけてくれた事、ボート屋の桟橋で沢山の事を話してくれた事。
全てが則さんとの想い出だ。
そんな沢山の思い入れのある、フィールドとプラグ。
最終日の夕方、最後の最後に50オリジナルで釣り上げた時は二人して歓喜した。
ストーリーのあるプラッギングがまた僕たちの想い出の1ページを増やしてくれた。


8-Low 2015 018.jpg

この日の夕まずめはバスからの反応が薄く厳しい状況だった。
彼が夕方のプライムタイムに多用するのが自作のyamagoo baitsのドバメメズと言うカップノイジー。
幾度となく、夕方にドバメメズでバスを出してきたのを僕は隣で見てきた。
この日も葦際にドバメメズを投げ続ける。
しかし、バスからの反応は無い。
沖でベイトが水面を騒がしくしていたからだろうか?
ふと、彼は沖に向かってドバメメズをキャストし一定のスピードでリトリーブ。
竿先2m、沈黙を破り水面を割ってドバメメズを引っ手繰った。
終了間際の出来事だった。
8-Lowの夕焼けは美しい。
自然が作り出すグラデーションに包まれる時、僕らはキャストする手を休めて自然の一部になる。
贅沢な時間だ。


8-Low 2015 002.jpg

僕たちはこのフィールドに来ると思い出す。
「ヒックリージョーは持ってるかい?葦とヨシの間のポケットにヒックリージョーを投げるんだよ。すると"ゴボッ!"っと出るから試してみな」
あの日、則さんは僕たちに語ってくれた。
アロハシャツにテンガロンハットで。
そんな事を思い出したかどうかは知らないけれど、彼はヒックリージョーに結び変えた。
数投目だったかな?
ヒックリージョーが水中に引きずり込まれる。
則さんが散々言っていた事を僕たちは忘れない。
「ヒックリージョーでの合わせはゆっくりだよ。完全にバスが咥えて水中に持って行ってから1.2…3で合わせる」
同船者がバラすと「まだ早いんだよ〜。ガッハッハッ!」と笑っていた。
勿論、彼も則さんの言葉を覚えている。
合わせはゆっくり、1.2…3。
タイミングはバッチリだ。
ヒックリーを蛙だと信じきったブラックバスが応えてくれた。
そして、この後僕のロッドの先にもヒックリージョーがぶら下がっていたのは言うまでもない。

写真 2015-06-25 17 09 52.jpg
posted by DH ナベ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 8-Low Trip
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165833638

この記事へのトラックバック