2015年10月18日

僕たちの8-Low Trip 2015 〜Episode of Df Nobu〜

8-Low 2015 048.jpg

Top Water PluggingというGameにおいてキャストしたプラグが自分の思い通りに動かせない事は楽しみの多くを失っている。
その時のシチュエーションであったり雰囲気であったりノリで僕たちはRhythmを刻む。
そのRhythmに合わせてプラグは水面をダンスする。
PunkやHard Coreに合わせて激しくMosh & Dive! SKAやREGGAEの裏打ちに合わせてDANCE! JAZZやBLUESのスイング感のあるRhythmに合わせて軽快にそして時には優雅にDANCE!
水面でDANCE!DANCE!DANCE!

風の影響により水面が荒れ思い通りにプラグをダンスさせる事が出来無いのはストレスだ。
僕たちは風裏を求め大きく移動した。
岸際の葦の向こう側には田園が広がっている。
その田園に水を引くための水路がココでは一級ポイントとなる。
そんな流れ出しの入り口、いかにもなポイント。
葦際ビタビタにキャストしたプラグを葦の出っ張りに向けてトレースさせて来る。
マンボーが軽快なダンスをしながらその出っ張りの先端に来た時だった。

出そうな感じがしたから、プラグの動向を見ていた僕。
同船者のプラッギングをも楽しむ、それがTop water pluggingだ!


8-Low 2015 052.jpg

この日はローライトで一日中バスからの反応が良かった。
チョイとポイント移動して小場所を攻める。
何気無くいつものように葦際にプラグをキャストしアクションをさせる。
すると、葦際から沖に2m位の所でバイトが連発。
葦に引っ掛けたプラグを回収しにボートを寄せ、水中にロッドを突っ込んで水深やボトムの質をチェック。
すると、バイトが集中してる辺りは急に深くなっている。
答えは見つかった。
葦際にキャストしたプラグをその急に深くなっている所までアクションさせてくる。
すると、強烈に下からプラグに襲い掛かる。
二人ともバルサ製のプラグを使っている為か、下から強烈に突き上げるバイトでプラグが吹き飛ばされてしまいフッキングにまでは至らない。
そこで、比重のあるウッド製のプラグにチェンジ。
葦際から2mの間、息を飲んでプラグを見つめる。
ジックリ且つシッカリとアクションさせるプラグがそのポイントの上に来た時だった。
水中から水面目掛けて襲い掛かるブラックバス。
激しいバイトをものにした瞬間だった。
ココはゲーム性の高いフィールドだ。

釣れない時はアレコレ考えて自問自答するよね。このポイントでいいのか、このルアーでいいのか。そうやってやっとの思いで手にしたバスこそ、「記憶に残る一本」になる。釣れない時こそ、最高の一本に出会えるチャンスだぜ。 Text by Yamagoo


8-Low 2015 054.jpg

このフィールドでは、柔らかい葦、根元が茶色い少し硬い葦、プラグが引っ掛かると厄介な硬いガマ、その3種類がメインとなる。
僕らが好むのは柔らかい葦と根元が茶色い葦。
ガマも撃つんだけど、あまりジックリとはやらない。
釣れる時は結構釣れるんだけどねw
この日はアオコが酷くて僕たちは水の良い所を探し回ってはソコをジックリと攻めた。
それなりにバスからの反応はあったんだけど、これぞこのフィールド!って言うような爆発は無く夕方を迎える。
ヤマグーが言った「アオコが出たらガマを撃て!」を信じてプライムタイムに入ろうと目星を付けておいたエリアに向う前に風裏になっているガマエリアを撃つ事に。
ガマエリアはガマの密度が低く隙間も多い。
バスが身を潜めるのには絶好のポイントだろう。
そんな隙間にプラグをキャストする。
ここは敢えてプラグの着水音を大きくしてガマの奥に潜んでいるバスにプラグの存在を気付かせるんだ。
ポーズも長くしてガマの奥からバスが出て来る時間を取る。
すると、このエリアで"これぞこのフィールド!"と言わんばかりにバスからの反応を貰う事が出来た。
まさに、"フィーバータイム、スタ〜ト!"だ。
そして僕たちが必ずと言ってよいほどにヤル事がある。
それは、中だけじゃ無くて外も撃つという事。
ガマが沖に向かって生えている所の先端を撃つという事。
そのような先端で僕たちは今までも数々のバスを釣り上げてきた。
ボートの先頭に乗っていた彼がガマの先端より少し先にキャスト。
ジックリとその先端までプラグをアクションさせて来る。
プラグがガマの先端に来る。
息を飲む瞬間だ。
ソコを過ぎてもまだ気が抜けない。
ブラックバスはプラグの後ろを追って来ているからだ。
先端から1m、我慢出来なくなったブラックバスが堪らずプラグに襲い掛かった。
狙い通りに釣り上げた彼はこの日一番の笑顔を見せてくれた。
僕たちは、そんなような所で釣れたブラックバスを「カド太郎」と呼んでいる。

8-Low 2015 045.jpg
posted by DH ナベ at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 8-Low Trip
この記事へのコメント
これ、本にできるねww早くも八郎行きたくなりましたww
Posted by 愚痴山 at 2015年10月19日 07:26
先ずは3人の写真集から出そうw
8-Lowは最高だ!
Posted by DH ナベ at 2015年10月19日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165997691

この記事へのトラックバック