2016年05月09日

Mosh of Pluggers

写真 2016-05-02 23 35 55.jpg

お友達の音楽会にプラッガー数人で遊びに行って来た。

そのお友達のバンドは「COKEHEAD HIPSTERS」

新しくCDをリリースするんで、この日は新曲を中心に披露。

が!

まさかの、Super Stupid の“what’s borderless?”をカバー。

当時、大好きで良く聴いていた。

勿論、ブチアガった!
お友達のボーカルはこの曲の時はステージから捌けていたんだけどねw



現在、COKEHEAD HIPSTERSのドラムにはSUPER STUPIDのドラムであるヒロシ氏が加入している。
流石、本家のドラムである。



で、お友達の小松さんが発行しているFree Magazine「Low Bite Vol.25」が出来上がって来た。

LowBitevol.25.jpg

表紙はナント!

横山健氏!「イーネッ!」じゃ無い方

小松さんと横山健氏は同級生で初めて組んだバンドのメンバー同士。

そんな二人の対談は必読。

main13.jpg

KEN YOKOYAMA こと横山健とコマツの対談が実現。90年代インディーズシーンを牽引したHi-STANDARD とCOKEHEAD HIPSTERS の二人、実は高校生のときに同じバンドをやっていた盟友なのである。そんな二人だから語れる本音の対談。時に昔話あり、クリエイティブな語りあり、猛爆の対談現場でした。そんな猛爆対談のこぼれ話を…。彼らが組んでいたバンドはヘビーメタルのカバーバンド。バンド名は「BLOODY ROSE」。健さんはこのバンド名、必死に反対したそうだ(笑)。コマツはまんざらでもないように見えたとか…(猛爆)。…と、ここまでは健さんが過去にコラムなどで語っているのでご存知の方も多いでしょう。そんなブラッディーローズな頃、健さんはパンクやハードコアに興味を持つようになったとか。そんなある日のこと。
健「俺がさぁ、セックス・ピストルズのTシャツ着て行ったらさ、ヤッシー(コマツのこと)とドラムがさ『行っちゃったなぁ』って言ったの。パンクの方に行っちゃったって。(笑)」
コマツ「いま思えば、そんな難関じゃないのにね(笑)」
健「メタル繋がりだったからね(笑)。でさ、その数年後にはコークヘッドがまんまとデッド ケネディーズのカバーしてるっていうね(一同爆笑)。」
コマツ「いや、横ちゃん早かった(笑)。」
こんな調子でルーツを語る二人、夕日が射し込む時間も相まって、なんだかとっても良い時間なのでした。(Low Bite Webより抜粋)


P13_01.jpg

P13_02.jpg

P13_03.jpg

Low Bite Web版では語られていない対談内容はMagazine版で是非ともCheck!
posted by DH ナベ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | devilog
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175221775

この記事へのトラックバック