2013年09月17日

Public Comment

Fuck you!1.jpg

パブリックコメント(Public Comment、意見公募手続、意見提出制度)とは、公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう。
公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ。(Wikipediaより)



以前、「特定外来生物被害防止法」で、ブラックバスをリストに加えるかどうかって時に小池百合子は、「一般からのパブリックコメントを募り、国民の意見を聞いた上で閣議決定する」って断言したんだよね。

そしてパブリックコメントを募って、11万3792件の意見が集まったんだけど、そのうち9万5620件がブラックバスをリストに加える事には反対って意見だった。

つまり、84%もの反対があった訳。

このパブリックコメントの結果を受けて、生物学の専門家を加えて正式な会議が行なわれ、「ブラックバスに関しては、取り敢えず半年間は見送りして、もう少し実態を調査しよう」って言う結論に達した。

つまり、半年間に渡って専門家達が複数の湖や河川を調査して、他の魚類や水生植物などとの関連性を調べたうえで結論を出すってことになったのだ。

しかし、小池百合子は、この会議のたった2日後に、会議での結論や多くの国民の声を完全に無視して、独断で大臣特権を使って、ブラックバスを特定外来生物のリストに加えたのだ。

この背景には、色んな絡みがあって小池百合子が某漁業組合や某企業から莫大な献金を受けているからとか・・・

はたまた、小池が当時付き合ってた彼氏がバス釣り好きで、それにフラれたから外来魚に指定したっていう都市伝説もあるらしいけどw(某釣り師C氏談)


で、話しを本題に戻す。。。

ココ数日、ネットやSNSなんかでよく目にするのが「秘密保全法」

「秘密保全法」?なんだそれ??って事で、インターネットを駆使して自分なりに色々と目を通してみた。
秘密保全法の内容については各自で調べてね。

このことについて、テレビなんかでは取り上げてんのかな??

俺はテレビを観ないからど〜なってるのかは知らないけど・・・

「この法案が可決されたらヤヴァくね?」って思った訳。

ただでさえ、今の国やメディアが真実を伝えているのかい?って思っているのにね・・・

この法案が可決されたら、あんな事やこんな事、その他多くの事が秘密にされるんじゃね?

そして、「秘密保全法」により「秘密」とされた事の真実を、伝えたり知ろうとしたりしたらタイーホされる可能性もあるんだって・・・

下手すりゃ、懲役10年の刑罰が科せられるんだってさ・・・

こんな法案が通ったら、日本ていう国、マジでヤヴァくなっちゃうんじゃね?


で、本日17日迄、秘密保全法案についてのパブリック・コメントを受け付けてる。

下記URLから意見提出フォームに行けます↓

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060130903&Mode=0

つ〜事で、俺もパブコメ提出してみた。。。

ま〜、色々とココのBlogがまとめてるんで目を通してみるのも良いかもです。。。

今回の「秘密保全法案に対するパブリックコメント」が「特定外来生物被害防止法」のブラックバスの時みたいにならなければいいんだけどね・・・

果たして、パブリックコメントは反映されるのか?

posted by DH ナベ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | devilog
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75857858

この記事へのトラックバック