2016年09月29日

近くの「旅」〜GAME〜

写真 2016-09-13 15 59 59.jpg

八郎潟に行こうか。

それとも、琵琶湖か。

僕たちは、本気でそんな事を出発の数時間前まで考えていた。

遠くのフィールドに行ったからといって、ブラックバスが相手をしてくれるとは限らない。

遠く離れた地に行くことだけが「旅」ではない。


僕たちは、真夜中の高速道路を走り霞ヶ浦方面へと向かった。

フィールドへと向かう真夜中の高速道路、この時の車内という空間が僕は好きだ。

ブラックバスを水面のみで誘うというゲームを始めた20年近く前から、このワクワクした感じは未だに薄れる事は無い。


この日は霞ヶ浦へと繋がる川をゲームの場に選んだ。

前日にこの川で納得の行くゲームを展開した栃木のナイスガイからの情報を元に、僕たちは川を上がって行く。

この雨がフィールドの状況を一変させたのだろうか。

前日の彼のようにはいかない。

次第に強まる雨。

ジョンボートの中に溜まった水をビルジポンプで掻き出す回数が増える。

まさに豪雨。

こんな状況でもキャストを続ける僕らは「クレイジー・プラッガー」だ。

写真 2016-09-13 8 45 36.jpg



僕たちは、近くの温泉施設へと逃げ込んだ。

昼寝をして夕方のゲームに備える。

写真 2016-09-13 14 41 18.jpg



写真 2016-09-13 16 00 41.jpg

朝とは違う川へと入る。

すっかり雨も止んだ。

が、夕まずめは不発に終わる。



今回は、プラッギングの他に目的が一つあった。

その目的の為に、車を走らせる。

目指すはリニューアルした「しすい亭」だ。

写真 2016-09-26 0 45 11.jpg

久し振りのラモさんに、「リニューアルおめでとう」と伝え話もソコソコに腹を満たす。

写真 2016-09-13 20 28 44.jpg

食事の後はラモさんを交えて釣り談義。

するとラモさんの口から「アソコ、爆ってるよ。祭だよ。行った方が良いよ!」と。

そんなの聞いちゃうと行きたくなるのがプラッガーの性。

当初は二日間で八郎潟か琵琶湖に行こうと考えていた僕ら。

急遽、翌日そのフィールドでゲームをすることにした。

普段なら車中泊なんて全然問題無い僕たちだが、この日は流石に無理だった。

と言うのも、夕まずめにレンギョがすっ飛んで来てジョンボートの中に飛び込んで来たのだ。

あの時はマジでビビった。

なんてったって、ジョンボートの横幅と同じくらいの大きさの魚が船上でバッタンバッタン暴れてたんだからねw

で、レンギョのヌルヌルと臭いが強烈なんだよ...

そんなのが道具にこびり付いちゃって、臭い臭い。

その道具を積んだ車内は、勿論強烈なレンギョ臭が充満してるわけさ。

そんな中で寝るのは流石にキツいよね。

僕たちは、ネットカフェへと逃げ込んだ。

何だか、学生の頃に二人で霞ヶ浦に来た二日間の「旅」を僕とヤマグーはお互いに思い出した。

あの時も初日にヤマグーが一匹釣っていた。

翌日、最後の最後に水門で僕が一匹釣ったのを今でも鮮明に覚えている。

一度ビッグバドに出て、その後同じラインをしつこくバドを引いて釣った一匹だった。

その事を、ヤマグーが今でも覚えてくれていて嬉しかった。

記憶に残る一匹と出逢えるのがTopwater Pluggingなんだ。



写真 2016-09-14 9 00 21.jpg

翌朝。

僕たちは、ラモさんに騙された!

全然、爆らない...

それでも、ヤマグーが「いかにも!」な流れ込みをしつこく攻めてグッド・プロポーションな一匹をキャッチした。

Fishing2016.09.14 002.jpg

Fishing2016.09.14 003.jpg

この一匹で僕たちは満足して今回の「旅」を終わらせる。



つもりだった...



エントリーポイントに戻って片付けをしていると、水が流れ水位が落ち始めている。

「水が動いてたら良いよ。爆っちゃうね。」ラモさんの言葉が頭をよぎった。

僕たちは迷った。

帰ろうか、夕まずめをやろうか。。。

取り敢えずコンビニへ行き、その間にどれくらい水位が落ちるか見てから決めようと。

コンビニから戻って来ると、15〜20cm位水位が落ちている。

でも、釣れる保証は無い。

これで釣れなかったらダメージはデカすぎる。

どうするか僕たちはまだ迷っていた。

「ちょっとやって反応無かったらあがろう」と。

僕たちは再び水面に浮いてゲームを始めた。

葦の根元の土が水面から顔を出している。

反対岸の方が近い程ボートポジションをかなり遠く取った。

狙いはブレイクと沖を回遊してるであろうバスだ。

この狙いは直ぐに的中した。

立て続けに、ブレイクと思わしきラインで二人してバイトを貰う。

コレが、普段中々お目にかかれないナイスバイト。

僕たちは、すっかり早上がりする事なんて忘れていた。


上手く狙いがハマったのか!?

一部のプラッガー達が言う「祭り」ってやつなのか!?


ラモさん、「騙された!」なんて言ってゴメンね。

嫌いだったこのフィールドが好きになりました。

また嫌いになるのも時間の問題だと思うけど。

メンコロ食べるついでに、この水面にまた浮いてみよう。。。


Fishing2016.09.14 006.jpg
16時48分の出来事

20160914.jpg
17時の出来事

Fishing2016.09.14 009.jpg
17時14分の出来事

Fishing2016.09.14 010.jpg
17時17分の出来事


昔の8-Lowを思い出すバイトラッシュ!

いや、それ以上か!?

posted by DH ナベ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | fishing diary

2016年08月15日

Dam to River 時々 温泉

写真 2016-07-30 16 37 09.jpg

写真 2016-07-30 2 37 34.jpg

「ちっさ!」


この日の僕たちは寝ずに房総のダムへと向かった。

陽が登ると身の危険を感じる暑さだ。

それまでが勝負だ。

ナイトゲーム。

普段のプラッギングとは違ったドキドキ感。

五感が研ぎ澄まされ「野生」へと覚醒する。

Fishing2016.07.30 002.jpg

この日はナイトゲームでのロングポーズの有効性を実感した。

ヤマグーは限界だった。

キャスト後、寝落ち。

放置されるプラグ。

「ゴォボォッ!」

眠るヤマグー。

プラグは放置されたまま。

「ゴォボォッッッッッッ!」

図太い音が暗闇に響く。

プラグを咥えたブラックバスが水中へと走りCHARCOAL MASTERに弧を描かせる。

「ハッ!」とするヤマグー。

釣れちゃった感120%(笑)

Fishing2016.07.30 001.jpg

ま〜、こんな時もあるさw


写真 2016-07-30 5 14 59.jpg

夜が明ける。

もう少ししたらゲームを終了にしよう。


陽もすっかり登って、エントリーポイントへと向かう僕たちは衝撃的な出来事を目の当たりにした。

遠くからでも「デカい!」と分かるブラックバスを持ち上げる人がいる。

ボートで僕たちはそこへ近づいていった。

明らかにデカい。

それは今までに見たことのないデカさだった。

その彼は計測する。

62cm

彼が写真を撮ったりしている間に、彼の仲間が50upを釣り上げた。

僕たちは度肝を抜かれた。

と同時に、このダムでのBig Bassの可能性を確信した。



最近の僕たちは、プラッギングにプラスして温泉巡りが楽しみとして追加される。

温泉、飯、昼寝を楽しむ。

写真 2016-07-30 11 42 28.jpg

写真 2016-07-30 12 01 24.jpg

疲れも取れたところで、夕まずめにゲームをするポイントへ移動だ。


写真 2016-07-30 16 36 22.jpg

写真 2016-07-30 18 29 45.jpg

「トップウォーターは5時からだよ」と則さんの受け売りを口にして反応が無ければ「トップウォーターは6時からだよ」と言ってみたりする。

それでも時間は過ぎ去る。

僕たちは「トップウォーターは7時からだよ」と口にする。

Fishing2016.07.30 004.jpg

則さん!

今の時代のトップウォーターは7時からみたいです。


大人になっても、とことん クタクタになるまで本気で遊ぼう。

むしろ、遊びだからこそ「本気」と書いて「マジ」になろう。

たまにはそんな一日があってもいいよね。

posted by DH ナベ at 23:20| Comment(4) | TrackBack(0) | fishing diary

2016年08月04日

忘れかけていたモノ

写真-2016-07-26-5-09-28.jpg

写真-2016-07-26-11-15-29-(1.jpg

写真-2016-07-26-11-16-01.jpg


彼とのPluggingは1年振りだ。

この一年、彼はPluggingに行く時間を作れないでいた。

フラストレーションが溜まり、酒を呑む日々。

会う度に愚痴や不満をこぼしていた。

今の彼には自然の中で遊ぶ事が必要だと思った。

以前のように、水面でバカ話をしておもいっきり笑おう。

写真-2016-07-26-11-32-34.jpg

水面を割って出たブラックバス。

彼は、その瞬間全てを忘れて一心不乱にアンバサダーのハンドルを巻いた。

バスの下顎をガッツリと掴み「よっしゃ〜っ!」と叫ぶ。

水中からバスを持ち上げると同時に、自然と満面の笑みが溢れ出た。

写真-2016-07-26-18-25-31.jpg

写真-2016-07-26-18-26-15.jpg

最近、一心不乱になった事はあったかい?

心の底から叫んだ事はあったかい?

そんな最高な笑顔を見せた事はあったかい?


ブラックバスとのファイトを思い出したかい?


これからも、たまには自然の中、水面の上で「忘れかけていたモノ」を思い出そうよ。。。

posted by DH ナベ at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | fishing diary

2015年11月03日

Autumn Bass

「秋の荒喰い」

この時期になるとプラッガー達は口にする。

シーズンオフになる前にそんな期待を胸に秘めてプラッガーは水面へと繰り出す。

僕たち仲間の間で「伝説の一日」と言われ強烈に記憶に残るプラッギングをしたある秋のとある日。

いつもこの時期になると思い出す。

その日は昼過ぎまでは穏やかな天気でのんびりとプラッギングをするのには最高だった。

バイトも数発貰いバスもキャッチ。

その後、気持ち良く昼寝をしていたがポツポツと来た雨に僕たちは起こされた。

次第に雨足は強くなっていく。

同船者の会話が聞き取れない程に叩き付ける雨は、いつもは殆ど流れていない流れ込みを濁流へと変貌させた。

その濁流の中から幾度と無くプラグに襲いかかるブラックバス。

1キャストに2回、3回と出る。

それも、何度もだ。

まさに「秋の荒喰い」

AutumnBASS.jpg

今回はヤマグーとそんな秋の荒喰いを求め Hit The Dam カマしてきた。

のんびりと昼過ぎから水面に繰り出す。

10月も終わると言うのにTシャツでOKなくらい暖かい。

まずは岩盤から撃っていく。

すると早々にヤマグーのプラグにバイト。

写真 2015-10-28 13 56 48 (1).jpg

キャスト後、岩盤がらみのボサの上にルアーが乗っかり、ユルユル…ポチャ。こういうのが釣れるんだよなぁ、と思った瞬間、ルアーをひったくった。チビだけど狙い通りの嬉しい一本。〜Text by Yamagoo〜

fishing2015.10.28 001.jpg

fishing2015.10.28 002.jpg


そのわりかし直ぐ後に、岩盤+滝+ブッシュという「いかにも」なポイント。

名称未設定 1.jpg

一発でキャストが決まった。

「チョン...チョン...チョン...」

「バコンッ!」

良い出方したが乗らなかった。。。

fishing2015.10.28 003.jpg


もうこの時期は暗くなるのは早い。

夕方のプライムタイムはバンブーブッシュのエリアを攻める。

お互い、そのエリアでは1〜2発づつくらいバイトを貰うがキャッチには至らない。

バンブーブッシュも終わり岩盤エリアへと変わる。

陽に照らされていた岩盤は暖かくなる。

そして水も温まる。

アンクルスミスに変えた一投目がオーバーハングの下に滑り込んだ。

「コポンッ...コポンッ...」

ポーズを取ってからもうワンアクション。

アンクルスミスが水面直下に潜った瞬間の出来事だった。

写真 2015-10-28 23 05 24.jpg

fishing2015.10.28 006.jpg

久し振りのブラックバスは大きさに関係無く嬉しかった。

そして二人して釣れた事も。


この日は「秋の荒喰い」とはならなかったが。。。


これからも僕たちプラッガーは「秋の荒喰い」を求めキャストし続ける。

fishing2015.10.28 004.jpg
posted by DH ナベ at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | fishing diary

2015年06月11日

Hit the river

ど〜も〜。

最近、皆どう?

ザーメン。

ドクドクッっといってる?

最近、めっきりザーメンの量が少なくなったと感じるDHナベです。

と言う事で、汁男優引退を決意した次第です。。。


さてさて、先日、DfノブとHit the riverカマして来たよ。

最近、ソコソコ釣りまくってる栃木のクンニクマンことピロからフレッシュな情報を仕入れて川に向かう。

エントリーポイントから上流へ撃ち上がって行く。

開始10投するかしないかで、Dfのプラグに吸い込みバイト。

アッサリと釣れちゃった。

Fishing20150604 002.jpg

Balsa50 ウッドゥン・スマートアレック

AM4:43の出来事。

Fishing20150604 003.jpg

もう一枚写真を撮ろうとしたらバスが暴れてフックがDfの指に「ブスッ!」

Dfはルアーメンテナンスが酷すぎる。

全然なって無い。

っつー事で、前日に俺がDfのルアーのフックを新品のWフックに交換しておいてやった。

フックは大事だよ〜。

フックの刺さり具合を自分の身を持って確認したDf(笑)

写真 2015-06-06 23 02 26.jpg

どう?

良く刺さるでしょ?w


葦際ベタにキャスト。

50cmくらいアクションさせて来たら、

「バシュッ!」

ナイスバイト!

俺もアッサリ釣れちゃった。

ニヤリ。。。

写真 2015-06-04 5 12 14.jpg

Heddon マグナムトーピード

Fishing20150604 006.jpg

青空の下で釣れると気持ち良いね。

AM5:12の出来事


「今日、爆釣しちゃうんじゃね?」

が!

その後、めっきり反応が無い。。。

ここでアル事に気が付く。

朝一から釣れた後くらいまで流れがあったんだけど、今は流れが止まってる。

きっと、流れが止まったのが原因だな・・・

写真 2015-06-04 8 07 12.jpg

仮想8-Lowと称してキャストをしていくが、やっぱり反応は無い・・・

「ダメだ・・・」

っつー事で午前の部終了。。。


昼飯喰って、木陰で昼寝。

風が吹いていてスゲ〜気持よく寝れた。

写真 2015-06-04 12 23 45.jpg

写真 2015-06-06 23 02 04.jpg

芝生サイコー。


夕方もピロ情報を元に隣の川へ。

結構な風が吹いている。

上流へ行きたかったんだが、モロに風を受けちゃってるんで風裏になってる下流へ。

シェード+ブレイクを丁寧に撃っていくが反応は無い。。。

反応を示してチェイスしてくるのは・・・

Fishing20150604 008.jpg
白鳥 撮影:DHナベ

この白鳥が、まぁ〜しつけ〜w

ずーっと俺らの後を付いて来る。

200mくらい往復で付いて来やがった。

餌でも求めてんの?

縄張りとかで威嚇してきてんの?

まぁ〜、とにかくひたすら後を付いてきてた。


Fishing20150604 009.jpg

時は来た。by 橋本真也

夕まずめ。

風も弱まり上流へ。

イキフン グンバツ。

Dfにバイトがあるが乗らず。。。

俺にもバイトがあるが乗らず。。。

入るポイントを外した感満載・・・

っつー事で、ピロにガセ情報を掴まされたって事で納得して終了〜。

SSITとピロの情報には気を付けろ!w

それでは、バーイッ!

Fishing20150604 010.jpg
posted by DH ナベ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | fishing diary